土壌汚染調査

イズミ環境サービスの土壌汚染調査

イズミ環境サービスでは、土地の履歴調査から土壌汚染対策工事まで、土壌汚染調査にかかわる業務を一貫して行っています。こちらのページでは、土壌汚染が起きるメカニズムと、その調査・対策の流れについてご説明します。

土壌汚染のメカニズム

土壌汚染は、有害物質が土壌に流出することで発生します。有害物質が土壌に流出する原因は、工場・施設からの漏洩、排水施設の破損・腐食などに伴う漏洩や地下浸透、廃棄物の埋め立てなどが主です。また、有害物質の取り扱いがない土地においても、自然由来による汚染が多く確認されており、土地の売買などの際には土壌調査を行うことが一般的となっています。土壌に浸透した有害物質はさらに地下水に浸透して地下水汚染を引き起こし、周辺環境へと影響をおよぼすため、多大な注意が必要です。

土壌汚染のメカニズム

>>汚染の発生メカニズムについてもっと詳しく

土壌汚染調査から対策までの流れ

フェーズ1 土地の履歴等調査

資料の収集や聞き取り調査、現地踏査などによって土地の利用履歴などを調査し、土壌汚染のおそれがあるかどうかを判断します。

※自治体によっては一定規模以上の土地の改変時に、土地の履歴調査の届出が必要です。
届出が必要かどうかの有無については、開発を行う先の自治体に確認してください。

例)

3000 ㎡以上の土地の改変
東京都、大阪府、埼玉県(農用地を除く)、愛知県 等
2000 ㎡~3000 ㎡の土地の改変
横浜市
1000 ㎡の土地の改変
広島県
マンションの開発や一定戸数以上の住宅の開発など行う場合
板橋区、荒川区、江東区 等
収集する資料
土地の登記薄謄本 空中写真 地形図
土地の登記薄謄本 空中写真 地形図

その他、住宅地図なども参考にして、土壌汚染のおそれについて調査します。

フェーズ2 表土調査・表層ガス調査

主に重金属類、農薬類を対象とした表土調査、および揮発性有機化合物を対象にした表層ガス調査を実施。土壌汚染の有無の判断、汚染物質の特定などを行います。

表土調査 表層ガス調査
表土調査

表土試料を採取することで、第二種・第三種特定有害物質の分析を行います。表層部に滞留していることが多い「重金属類」「農薬類」を主な対象としています。土地の売買に伴う調査や残土処分に伴う自主調査においても良く実施される調査です。

表層ガス調査

ガソリンスタンドやクリーニング工場などで使用されている第一種特定有害物質である、揮発性有機化合物(VOC系)を対象とした調査です。同物質の特性の一つである「揮発性の高さ」を利用して調査を行います。

フェーズ3 詳細調査(ボーリング調査)

表土調査および表層ガス調査において汚染が確認された場合、深度方向調査を行い深層部の汚染状況を確認します。また、地下水が確認された場合には地下水を採取し、分析を行います。

深度方向調査(土壌汚染詳細調査)

深度方向調査(土壌汚染詳細調査)

深度方向調査深度は、第一種、第二種及び第三種特定有害物質いずれにおいても、原則深度10mまで行います。
なお、帯水層の底面が10m以内に認められた場合はその底面までとなります。
ただし、法律条例にかかわらない場合、その限りではありません。

対象物質および環境基準値表

対象物質および環境基準値表

PDFダウンロード

フェーズ4 土壌汚染対策工事

重金属類などの土壌汚染対策や揮発性有機化合物(VOC)汚染対策、油汚染対策などのさまざまな土壌汚染対策工事を行っています。詳しくは土壌汚染対策工事のページをご覧ください。

>>土壌汚染対策工事

土壌汚染調査ならイズミ環境サービスにお任せください

イズミ環境サービスは、調査から対策工事まで一貫対応。土壌汚染にまつわるあらゆる事柄について、分かりやすくスピーディーにご提案します。「このケースでは土壌汚染調査は必要なの?」といったご質問でも、どうぞお気軽にお問い合わせください。